ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

様々なリグ(仕掛け)の作り方

ダウンショットリグ

いまやおなじみのダウンショットリグですね。

釣れるリグとして非常に有名です。

ロッドアクションが直接さおからワームにつながりますので、他のリグとは違う自然な動きが出ます。

また、オモリは一番下にボトムを取れる範囲で軽めのものを利用します。中層を攻める場合はさらに軽くてもかまいません。


スプリットショットリグ

00012240003.jpgスプリットショットリグはワームの基本操作を覚えるのに非常によい仕掛けです。

昔はこれが主流のころもありました。(もちろん今も良くつれます)

リーダーは15~30センチくらい、スプリットショット(カミツブシオモリ)は1/32oz~1/8oz程度。

フックは3/1~2/1程度でしょう。

 


キャロライナリグ

00012240004.jpgキャロライナリグは、スプリットショットに似ていますが、より重いオモリで遠投がききます。

また、リーダーはスイベル等でつなぎます。


テキサスリグ

00012240005.jpgその昔、ワームが日本に入ってきたころは、こちらのリグがが使われていた。

しばらくはこのリグが代表的なリグでした。

ウィードレス性がが高いリグといえ、ちょっとしたウィーどの中なども攻められる


ノーシンカーリグ、ワッキーリグ、ネコリグ

00012240006.jpgノーシンカーリグは文字通り、オモリをセットしない仕掛けです。

オモリを付けませんので、ワームの動きがより自然になります。

ノーシンカーリグとしては、ワッキーリグもこの部類に入ります。ワッキーリグとネコリグ(根こそぎつるリグ)も一緒に説明いたします。


ジグヘッド

46.jpgグラブやチューブワームを利用する際に使うのがこのジグヘッドです。

フックがワームから出ているのでバスにフッキングしやすい反面、根がかりしやすいというデメリットもあります。


ラバージグ

00012240008.jpgラバージグはヘビーカバー攻略にも適しており、なぜかランカーが好む。

季節を問わずに使えるルアーで、様々なトレーラーというものをくっつけて使っても良い。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0