ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

ワームの基礎知識 2

①ワームの色選び

ワームの色選びは、クリアウォーターなら、ナチュラル形の色、にごった水なら目立つ色といったように使うとよい。

暖色系はミドルレンジまで。10M以上の深場は、白や黒がよいといわれている。

②ワームが向く場所

正直ワームはどんな場所でも有効だ。ハードルアーでは攻められない障害物の多い場所や、活性が低くじっくり攻める場合などはワームの独壇場といえる。

③ワームの基本はボトム

ワームの基本はやはりボトムだ。着水後、そこまで落として、糸をぴんと張った状態で、底を探る。

障害物はロッドを大きくあおる形でよけるとよいだろう。

④アタリを知る

正直最初は何があたりなのかわからない。

障害物なのかあたりなのかがわからないのだ。ツンツンという魚独特のあたりであれば、わかりやすいが、コツンというだけのあたりがある。これが障害物なのにもかかわらず、合わせてしまうと、大変である。完全に根がかりしてしまう。

こんなときは少しロッドを前に倒して糸を緩め、何らかの反応がないか少し待つ。あればバスなのであわせればいいし、なければ、障害物なので、うまく対処すればよい。

ランカーバスのあたりはグーーーっとゆっくりしたものなので、覚えておくとよい。

いずれにしても、頭で理解するより、体で理解する必要があると思うお。

⑤あわせる

アタリがきたら、ロッドを思いっきり後ろにあおって、フッキングさせる。このとき重要なのは、あたりのあと、少しロッドを前に倒し、糸を緩ませてしっかり食わせる感じにしてからあわせる。

もっとも、ラインの強度が弱い場合は強くあわせられないので、大きくゆっくりあわせる。また、糸を緩ませずに合わせる方法もある。

個人的には前者が好きだ。

今回もよい動画があったのでご紹介します。非常にわかりやすいですよ。

 

関連記事

  1. ワームの基礎知識 1
  2. ワームの基礎知識 3

ご質問や、情報をお持ちの方は情報をお寄せください。
釣果情報などは特に大歓迎です!





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0