ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

ワームの基礎知識 1

ワームの種類を様々解説しましたが、本当に様々なルアーがあります。

ですので、それぞれにあわせたリグ(仕掛けつくり)が必要になります。

ここで、砕氷的な仕掛けの材料をご紹介いたします。

①フック
40.jpg 41.jpg 42.jpg 43.jpg

フックはそれぞれの用途に合わせて使い分けたい。ダウンショットや、スプリットショットは小さな針、大きめのワームは当然ながら大きなフックとなる。

詳しくはリグのところで。

 

 

②ジグヘッド
グラブや、チューブワームにもっぱら利用されるのが、このジグヘッドである。
44.jpg 46.jpg

③ラバージグ
ヘビーカバーを攻めるのに非常に便利なのがラバージグ。様々なワームとのコンビネーションでも使う。
45.jpg 47.jpg

④シンカー(バレットシンカー
テキサスリグや、キャロライナリグに。
48.jpg 49.jpg

⑤ダウンショット用シンカー
非常に人気のダウンショットだが、専用のシンカーがある。もちろん、スプリットショット(がんだま)でも代用できる。
50.jpg

⑥スプリットショット(がんだま)
スプリットショットに使う、噛み潰しおもりです。写真はオーバルタイプだが、日本では、球形が一般的。
51.jpg

⑦ビーズ
テキサスリグで、シンカーとワームの間に仕込み、バスにアピールする。
52.jpg

⑧ネイルシンカー(釘おもり
ワッキーリグにさして使う。
53.jpg

このほかにも、スイベルや味付けする液体、他様々なグッズがある。

いろいろと試してみるのも面白い。

関連記事

  1. ワームの基礎知識 2
  2. ワームの基礎知識 3

ご質問や、情報をお持ちの方は情報をお寄せください。
釣果情報などは特に大歓迎です!





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0