ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

ワームの知識

ワームの基礎知識 1

ワームの種類を様々解説しましたが、本当に様々なルアーがあります。

ですので、それぞれにあわせたリグ(仕掛けつくり)が必要になります。

ここで、砕氷的な仕掛けの材料をご紹介いたします。

①フック
40.jpg 41.jpg 42.jpg 43.jpg

フックはそれぞれの用途に合わせて使い分けたい。ダウンショットや、スプリットショットは小さな針、大きめのワームは当然ながら大きなフックとなる。

詳しくはリグのところで。

 

 


ワームの基礎知識 2

①ワームの色選び

ワームの色選びは、クリアウォーターなら、ナチュラル形の色、にごった水なら目立つ色といったように使うとよい。

暖色系はミドルレンジまで。10M以上の深場は、白や黒がよいといわれている。

②ワームが向く場所

正直ワームはどんな場所でも有効だ。ハードルアーでは攻められない障害物の多い場所や、活性が低くじっくり攻める場合などはワームの独壇場といえる。


ワームの基礎知識 3

ワームによるつりの基本は、的確にポイントに落とし込み、アピールすることだ。

アピール度はハードルアーよりも弱いと考えてよいので、的確にポイントに落として、バスにアピールする必要がある。

たとえば橋の欄干などがあれば、そのぎりぎりに落として、引いてきたり、ウィード(水草)があれば、その上をスーッと引いてくるのもよい。

今回も動画で勉強しましょう。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0