ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

ハードルアーの基本操作

ハードルアーの基本動作は、ステディーリトリーブつまり、ただ巻きです!

ただ巻くだけです。ちゃんとしたメーカーのルアーであれば、この動きが研究され尽くされていますので、ただまきが基本中の基本でしょう。

また、ステディーリトリーブでは、巻く早さによって、一定のタナを探れますので、慣れれば、どの水深を探りたいかが実によく把握できます。

もちろん中上級者の方であれば、様々なアクションを付けると思いますが、やはり基本はただ巻きでしょう。

下手にアクションを付けてしまうと、逆にバスが逃げてしまうこともあります。(ポッパーは少し違うかな)

そこで、

①ルアーが最もよく動くリトリーブスピードを知りましょう

②リトリーブの速さによって、どの程度までもぐるのかを知りましょう。(完全にはわかりませんが、実験とかしてみるとよいでしょう。

③リールのハンドル一回転でどれだけ進むか知りましょう。

 

アクティブ(活性の高い)バスを狙う

ハードルアーで、活性の高いバスを狙う場合は、、、

①トップウォーターORシャローレンジを狙う。

②ステディリトリーブで、比較的早く巻く。

魚の向いている方向を知れ!

は?そんなのわかるか?という感じだが、流れのある場所では、魚は流れの上流を向いている。

そんな時バスの背後から、ルアーを引いてこよう。

関連記事

  1. 初めてのフィールドにて
  2. 様々なハードルアー

ご質問や、情報をお持ちの方は情報をお寄せください。
釣果情報などは特に大歓迎です!





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0