ブラックバスのつり方や、全国の釣り場、バスに効くソフトルアー、ハードルアーなどをご紹介する専門情報サイト。動画なども交えてご紹介。

初心者の、ロッド(竿)とリールの選び方

バス釣り初心者にとって、タックルは使いやすいものを選んだほうがよいと思います。

タックルには、スピニングタックルと、ベイトタックルの二つがあります。

ベイトタックルは重いルアーを扱う場合に適していますし、また、扱いに慣れるとキャスティングしやすいタックルです。その反面軽いルアーを投げるのにはあまり適しませんし、投げ方を間違えると、バックラッシュといって、糸がからまってしまいます。

バックラッシュを起こすとこのように絡まってしまう。最悪の場合は、糸を切って直さなければならない。
back.jpg

 

スピニングタックルは、初心者でも扱いやすいが、逆にパワー不足や、投げるのが、ベイトキャスティングリールに比べて面倒であるということがあげられます。

しかし、軽いルアーを扱ったり(もちろん固めのロッドにすれば、重いのもいけます)ロッドアクションでルアーにアクションを付けるワームを使う場合などには、適しているでしょう。

そんなわけで、私は最初はスピニングタックル+ソフトルアー(ワーム)をお勧めします。ロッドは比較的やわらかめで、リールはコンパクトなものがよいでしょう。

左がスピニングタックル・右がベイトキャスティングタックル

tackle.jpg

 


ご質問や、情報をお持ちの方は情報をお寄せください。
釣果情報などは特に大歓迎です!





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0